保育人材確保対策貸付事業について 説明&様式

トップ > >保育人材確保対策貸付事業について 説明&様式 > 未就学児を持つ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付

令和3年度 保育人材確保対策貸付事業について

未就学児を持つ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付

既に保育所等を利用し、勤務の時間帯により子どもの預かり支援事業を利用している方へ、預かり支援事業利用料金の一部をお貸しします。
詳細な内容については『未就学児を持つ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付の手引き』をご確認ください。
→『令和3年度 未就学児を持つ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付の手引き』はこちら

対象者 (対象者のチェックリストはこちら)
以下の要件を全て満たす方
(1) 兵庫県内(神戸市を除く)の保育施設で、週20時間以上勤務している方
 ※週20時間以上とは、雇用保険に加入しており、契約上の所定労働時間が20時間以上であることが必要です。
(2) 未就学児をもち、すでに保育所等を利用している方
(3) 保育所等における勤務時間帯により、子どもの預かり支援(ファミリー・サポート等)を利用している方
(4) 2年以上継続して兵庫県内の保育所等で保育士業務に従事する意志のある方

申請方法 預かり支援事業等を利用開始日から4ヶ月以内に勤務先施設を通じて申請ください。

申請に必要な書類・留意事項等(詳しくは手引きをご覧ください) 1. 貸付申請書 (様式1-7) [ PDFPDF ]
2. 在職証明書 (参考様式6) [ PDFPDF ]
3. 子どもが保育所等に入所していることが確認できる書類の写し
4. 1か月の利用実績の写し
5. 雇用契約書または辞令の写し
6. 住民票(世帯全員分)
7. 保育士証の写し
8. その他
企業主導型保育事業、市町村の認可を受けた小規模保育所・事業所内保育事業、家庭的保育事業で勤務している方は別途提出していただく書類がありますので、詳しくは手引きでご確認ください。

1年間の預かり支援利用料金が確定したら提出する書類 ・預かり支援事業利用料金変更等届 (様式18-1) [ PDFPDF ]

▲このページのトップへ